· 

過去問を解いたときは…

みなさん、こんにちは。志学館予備校高田市駅校から平田です。

前回は高2向けに書きましたので、今回は高3向けに。

11月の公募推薦にむけて過去問演習を行う人が多いと思うんですね、この時期は。

もちろんそのこと(=過去問を解くこと)自体はかまわないのですが、注意をして行わないと、せっかくの時間があまり意味のないものになってしまうかもしれません。

そこでこの時期に過去問を解くときの注意点を書いておきます。

 

①過去問を解く(時間ははかりますが、制限時間が来てもやめない。制限時間内でどこまでできていたかをチェックしておく)

②解答を見て、〇×をつける。解説は見ない。自分で解説を作る。

③解説を熟読する

④間違えた問題、正解したけどあやふやだった問題について分析する。

 分析Ⅰ なぜ間違えたかの理由を考える。選択問題なら、なぜその選択肢を選んだのか、言葉にしてノートに書く

 分析Ⅱ 正しい選択肢の理由を考える。なぜそれが正解なのかを言葉にしてノートに書く

 分析Ⅲ 最初に解いたとき、どういう考えをしていたら正解にたどり着けていたのかを考えてノートに書く

 

分析Ⅱまではできている人も多いんですが、分析Ⅲが大事ですよね。そこができないと次に繋がらないので。

塾生の人にはその分析ノートを見て、ちゃんと分析できているかをチェックできるんですが、塾生じゃない人で、もし見てくれている人がいたら、学校の先生か誰か分析ノートをチェックしてくれる探してやってみてください。