英語科より大学入試改革について

こんにちは。

英語科の萩原です!!

英語科主任として

英語の入試がどのように変わっていくのかまた、新しい入試に向けてわれわれがどのような取り組みを行っているのかを、ブログを通じて発信していきたいと思います。



今の高校2年生から、新しい入試制度(「大学入学共通テスト」)

で入試を迎えることになることはすでに多くの方がご存知かと思います。

 

従来のリーディングとリスニングを評価していた試験から、

ライティング、スピーキングを含めた英語4技能を評価する試験へと大きく変わります。

 


 2020年度~2023年度まで、二つの方法が併用されることが決まっています。

従来のセンター試験と同時期に行われる「共通テスト」の「外国語」科目と、民間の団体が実施する検定試験の二つです。

ここに、各大学が実施する従来通りの試験も課されますので、受験生は、最大で三つの試験を受けなければならないことになります。

 このうち、共通テストの「外国語」では、従来のセンター試験とは異なり、リスニングが200点中の100点分を占めるなど問題内容に関して大きな変更があります。また、リーディングでも内容が大幅に変わり英文の読解が中心となります。

早い時期からリスニングの対策をしておくことに加え、限られた時間で相当な長さの文章について読む力も求められます。

外部の検定試験については、

8種類の検定試験が「大学入試英語成績提供システム」への参加を認められていましたが、諸事情からTOEICが参加を取り下げることを発表しました。

https://www.nikkei.com/article/DGXMZO46834540S9A700C1MM0000/?n_cid=DSREA001

(日本経済新聞「TOEIC、大学入学共通テストの参加取り下げ」)

国公立大学などは、公平性の観点から、外部検定試験の導入に消極的な姿勢をとっています。来年度どのような形で運用されていくのか、まだまだ不透明なところがあります。


実際の入試がどのようなかたちになるにせよ、

志学館予備校英語科では、定期テストの点数を上げていくカリキュラムと、4技能を向上させ英検等に合格することを目的としたカリキュラムとを同時並行で提供させて頂いています。

授業では高11レベルで、高2以降はレベル別で、授業を毎週1回実施。

120分の授業のうち、最初の40分は定期テスト対策として、ボキャブラリーチェックなどを実施。

残りの80分は、英検対策や4技能を向上させる授業を実施しています。80分授業では、一定程度の長さの英文をヒアリングしたあと、グループでディクテーションをしてスクリプトを完成させるなど「聞く」と「書く」とを組み合わせた内容を行っています。

このように、4技能のうちの2技能以上を組み合わせて授業を行うことで、4技能を効果的に伸長させることが期待されます。


授業以外でも、日ごろから高校の授業に関して予習を徹底してノートに実施させ、そのノートを週1回のチューターとのカウンセリングでチェックしています。

パワーウィークと呼ばれる定期テスト対策週間では、この予習ノートをもとに、教科書の本文を暗唱させる暗唱大会を実施しています。

前回の中間テストでは、教科書の本文を覚えたことで定期テストで高得点をとることができた生徒が続出しました。

ほかにも、今年度から英検2次試験対策として、ケーイーシーのオリジナルコンテンツであるCHATTY(オンライン英会話)を導入しました。

WEBを通じてネイティブ講師とコミュニケーションをとりながら英検2次試験に備えます。

さらに、志学館予備校神宮校は、英検準会場にも認定されています。

塾生にとっても地域にとっても身近な環境で一人でも多くの方に英検を受験してほしいという思いから、昨年より試験会場として利用できるようにもなりました。

毎回、100人近い受験生が、神宮校で受験しています。

今後とも、英語科として大学入試の最新情報をご提供するとともに、本校の取り組みと成果についてもお伝えしていきます。

 

----------------------------------------------------------------------------------------------------

「10年・20年先にも続く自信を育てるために、利他の心を持ち、自主性を発揮し、本気の努力をする。」

奈良の予備校・学習塾・進学塾 志学館予備校

神宮校 〒634-0063 奈良県橿原市久米町645 TEL:0744-28-4000

高田市駅校 〒635-0085 奈良県大和高田市片塩町16-12岡本ビル3F・4F TEL:0745-53-8750

 

----------------------------------------------------------------------------------------------------